装備

元NAオススメのチェストプロテクターを解説!モトクロスはインナーかアウターどっち?

こんにちは、元NAのエディです。

あなたはチェストプロテクターはインナー派ですかそれともアウター派ですか。

ちなみにこのブログではインナーをオススメしています。

なぜか…

エディ
エディ
カッコイイからに決まってるじゃないですか〜。

チェストプロテクターはインナーの方がウェアのデザインがより際立つので写真映えする。というのがわたしの見解です。

とは言え、アウターのメリットも当然ながらあります。

さっそくこの記事でご紹介するチェストプロテクターのランキングはこちらです。

・第1位:LEATT【6.5PRO】

・第2位:FOX【RACEFRAME ROOST】

・第3位:THOR【SENTINEL】

この記事ではチェストプロテクターのインナーとアウターのメリットデメリットと、オススメのプロテクターも合わせて紹介していきたいと思います!

この記事をみてわかること

・チェストプロテクターの種類がわかります

・インナーとアウターの特徴がわかります

・オススメのチェストプロテクターがわかります

それではいってみましょう!

元NAオススメのチェストプロテクターを解説!モトクロスはインナーかアウターどっち?

元NAオススメのチェストプロテクターを解説!モトクロスはインナーかアウターどっち?

ではまず、チェストプロテクターの役割について改めて解説します。

ビギナー太郎
ビギナー太郎
まぁ言うまでもなく、胸部を保護するためにあるんですよね。

エディ
エディ
その通り。ちなみにチェストとは”胸,胸部”のことをいうよ。

チェストプロテクターは、転倒時などの衝撃の緩和はもちろんのこと、前を走行しているバイクのリアタイヤから跳ね上がる小石などから体を守ることができます。

特にスタートで出遅れた時なんかは、もう最悪。

マジで痛い…

その際は顔もガードする必要があるので、アゴを引っ込めてバイザーで顔を守りましょう。

では、アウターとインナーについてサクッと説明します。

アウター

アウター

正直なところアウターって、昔(古い)のイメージが強いんですよね。

(もちろん今でもAMAのトップライダーでもアウターを着用しているライダーはたくさんいるのですが。)

昔の映像はアウターを着用している人が多い印象が強かったですが、最近ではアウターの人ってあまりみませんね。

コースなのではざっと1割くらいの人がアウターの感じです。

脱着が用意でウェアを汚さないというのが、アウターのメリット。

ですが、同時にチェストプロテクターの隅々まで砂や泥などで汚れてしまうので洗うのに毎回苦労します。

インナー

インナー

続いてインナーについてですが、実はアウターとしても問題なく着用することができます。

インナーの良さは上述しているのでここでは割愛。

エディ
エディ
では、簡単にアウターとインナーを表にまとめてみたよ!

 アウターインナー
安全性
価格
見た目
洗いやすさ×

ご覧になってもらえるとわかる通り、大きな差はありませんww

見た目と、洗うときの手間くらいですかね。

アウターは直接汚れてしまうので、その点インナーは強いのかなと思います。

エディ
エディ
では次に、チェストプロテクターを選ぶ際のポイントを紹介しよう!

選ぶポイントは2つだけ

選ぶポイントは2つだけ

ポイントは2つ。

・その①:脇腹までしっかりと保護できているか。

・その②:パーツが細かく、体に密着できているか。

それぞれ解説していきますね。

その①:脇腹までしっかりと保護できているか。

特に古いチェストプロテクターに該当するのですが、大袈裟にいうと前面と背面しかないものがあります。

脇腹がガラ空き状態…

そりゃあぶね〜っすわ。

なので、チェストプロテクターを選ぶ際は必ず脇腹をしっかりと保護できているものを選ぶようにしましょう。

その②:体に密着できているか。

脇腹を保護できているのであればまだいいですが、体に密着しているかがとても大切です。

なぜなら、走行中にプロテクターが体に密着していないと、パカパカと常に動いてしまって集中して走行すらできません。

また、パカパカと体に密着していない=しっかりと保護したいところを保護できていない可能性があります。

そりゃあぶね〜っすわ。(2回目)

体に極力密着できるチェストプロテクターを購入するべきだとぼくは思います。

イメージはアンダーアーマーのようにピタッと体に密着できているのが理想的ですね。

オススメのプロテクターランキングを紹介

ぼくがオススメするプロテクターは3つあります。

・第1位:LEATT【6.5PRO】

・第2位:FOX【RACEFRAME ROOST】

・第3位:THOR【SENTINEL】

それではそれぞれ解説していきますね。

第1位:LEATT【6.5PRO】

第1位:LEATT【6.5PRO】
オススメ度
メーカーLEATT
価格約37,000円

LEATTは知る人ぞ知るプロテクター類(ネックブレース、ニーブレース)でとても有名なメーカーです。

それもそのはず、LEATTは各医療部門のエキスパートが集結したチームで開発されたので、とっても信頼性のあるメーカーだからです。

2002 年 Dr. クリス・リアット氏率いる内科医、外科医、バ イオテクノロジーを専門とする数名の技術者たちからなる研究チー ムが結成され、ネックブレースの研究開発がスタートしました。

ウエストウッドカタログより引用
特徴

2021年発売の最新モデルにして、最上級モデル

・脇腹もしっかりとホールドされているため保護性能が抜群

・LEATTのネックブレースとの相性が抜群

価格は今回紹介する中で、最も高い37,000円となっているんだけど、2021年発売となっていて新設計のハードジェルを採用しているので1位にしています。

ビギナー太郎
ビギナー太郎
2021年発売は熱いですね!

エディ
エディ
そしてもう1つの理由があります!

ネックブレースとの相性も抜群

ネックブレースとの相性も抜群

LEATTはネックブレースでもとても有名なメーカー。

そしてこのブログでは、オススメのネックブレースでもLEATTを推しています

≫【元NAが力説】初心者こそネックブレースが必要な理由とは【モトクロス】

なので、このチェストプロテクターとネックブレースとの相性が抜群なので、どちらかがLEATTなのであれば揃えることを強くオススメします!

エディ
エディ
お金でケガのリスクを下げることができるのであれば、初心者だからこそメーカーの上位モデルを購入しておきましょう!

≫【元NAが解説】モトクロスの装備(ギア)で必要なもの11選【本格的に始めたい人向け】

第2位:FOX【RACEFRAME ROOST 】

FOX【RACEFRAME ROOST 】
オススメ度
メーカーFOX
価格約25,000円

ケン・ロクスンも装着しているFOXのチェストプロテクター。

個人的には今回紹介するプロテクターの中では1番デザインが好きです。

んが、どっちみちインナーとして使用するからデザインは需要な要素ではないので2位にしました。

特徴

・流石のFOXといった秀逸なデザイン

薄型となっているため装着感があまりない設計となっている

・他のプロテクターと比べ通気性に特化している

第3位:THOR【SENTINEL】

第3位:THOR【SENTINEL】
オススメ度
メーカーTHOR
価格約30,000円

THORのフラグシップモデルであるSENTINEL。

今やTHORは多数のトップライダーが愛用しているモデルとなります。

↓(参考)2021年のAMA SURPERCROSSでは3名のチャンピョンを輩出しています。

(参考)2021年のAMA SURPERCROSSでは3名のチャンピョンを輩出しています。

ぼく自身もよくTHORの商品は愛用していました。時にモトクロスを始めた時は全身THORでしたからねww

特徴

定評のあるTHORのチェストプロテクターのフラグシップモデル

・調節可能な伸縮性のあるストラップやラチェット式バックル留めを採用

・衝撃エネルギー伝達を低減するために構築されたプロテクターを採用

created by Rinker
ソアー(Thor)
¥39,600 (2021/06/19 13:44:57時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

・チェストプロテクターで一番重要なのは脇腹まで保護されているか

・その次にフィット感がとても重要。

オススメは安定のLEATTのチェストプロテクター!

チェストプロテクターはモトクロスの装備において、とても重要な装備のひとつです。

とはいえ、古くさい中古のアウターをつけるのはナンセンス。

安全性とライディング中でもズレない、チェストプロテクターを選ぶべきですよ!

最後までご覧いただきありがとうございました。

エディ
エディ
Bye!

created by Rinker
ソアー(Thor)
¥39,600 (2021/06/19 13:44:57時点 Amazon調べ-詳細)